前へ
次へ

急性肩こりの場合はシップの利用が有効的

肩こりは日頃から多くの人が経験している身体に起こる症状であり、こって腕が上がらなくなったり痛みを感じたりと様々な症状があります。緊張した筋肉が固まる事が原因になるので、改善方法としては同じ姿勢を長時間つづけないようにするのが望ましいです。また定期的にマッサージやストレッチを行い、筋肉をほぐすのも効果的な改善方法の1つになります。そんな肩こりの中でも、急な動きや様々な原因により急性的な肩こりになる事があります。この場合は慢性とことなり肩で炎症がおこることで痛みが伴う症状となります。激しい痛みを感じることが多いので、その際は鎮痛効果のあるシップの利用が効果的です。シップは痛みを感じている箇所に貼り付けることで、痛みを緩和させる効果が期待できます。また販売されている種類の中で薄いタイプも数多くあるので、洋服を着ていても支障なく使用することが可能です。あまりに激し痛みの場合は医療機関に受診することが望ましいですが、自分で行う応急処置としてシップは有効的といえます。

Page Top