前へ
次へ

日本人に肩こりが起きやすい原因とは

肩こりが起きるのは、日本人特有の話だといわれる話もありますが、欧米人も起きる内容です。ただし、日本人に起きやすい理由が、背景に隠されている場合もあるのです。欧米人に比べると、日本人は、頭と肩の比率が小さく、頭の重さを肩で支える比率が高いと言われています。つまり、欧米人に比べれば、肩にかかる負担が高く、肩こりになりやすい状態にあるのです。日本人は、欧米人に比べるとアウトドアーを好まない傾向も高く、体を自ら動かさない状態も高くあるでしょう。血流の流れも悪くなりやすく、肩こりになる要因を自ら作り出すてると言えるかもしれません。日本人特有の内容だと割り切っていれば、今後その考えが、後悔してしまう可能性を高めてしまうでしょう。肩こりによる血流の流れの悪さは、様々な場所に障害を与え、病気になるリスクを高めてしまいかねません。この状態は、仕事にも悪い支障を与えて、何かしらのトラブルを引き起こしてしまう原因にもなってしまいます。そのため、早い段階の意識改革も大切であり、改善するための心構えを持つのも重要です。

Page Top