前へ
次へ

ラジオ体操が肩こりに有効

雑誌やテレビでは「肩こり解消ストレッチ」というようなうたい文句で、いろいろな体操やストレッチが紹介さ

more

肩こり用マフラータイプのマッサージ機器

肩こりを解消するために発売されているマッサージ機器はとても種類が多いです。手動で動かして利用するタイ

more

日本人に肩こりが起きやすい原因とは

肩こりが起きるのは、日本人特有の話だといわれる話もありますが、欧米人も起きる内容です。ただし、日本人

more

肩こりを治したい人のために

肩こりは日本人特有のもので、欧米人にはないものと評判になったことがありましたが、欧米人にも肩の痛みを訴える人は数多くいると知っておきましょう。では何故この肩こりがないなんて言われたのか考えてみたところ、「凝る」と言う英語の表現がないと言う結論が出たようです。その言葉がないことから「凝らない」と考えられたのですが、実際には肩のこりで悩む欧米人も多いことが判りました。それでも日本人の肩凝り症状は多いと言って良いと思われますが、その中にはネクタイをするだけ肩が凝ると言う人もいるくらいですからその悩みは相当なものと考えられます。ネクタイで肩こり症状が出る人は、一年中クールビズであって欲しいと願っているのではないでしょうか。この肩のこりが起こるの大きな原因には、血行不良とか血行障害から起こるものと考えられます。周辺の筋肉疲労が原因であったり、交感神経の刺激から起こる血管の収縮などから起こることになります。そして肩のこりは肩こりだけでは終わらず、背中まで痛めることに繋がることも考えられます。肩のこりに関係する筋肉には「肩甲拳筋」と「僧帽筋」があり、肩甲拳筋は腕を上げるなどの役割になり、僧帽筋は頭を一定に角度に保つことや胴体とをしっかり固定する働きをするものです。これらの筋肉が硬くなってしまったりすること血行が悪くなってしまい、肩から背中へかけての凝りを作る原因になります。肩のこりを治す方法には、正しい姿勢を作ることが大事と言われます。例えば鎖骨と鎖骨を一直線にすると言った意識を持つだけでもかなりの効果が表れて来ます。また猫背を解消することも大事なことで、一日中パソコンに向かう人などは適度に伸びを作る姿勢を作るように心がけるべきです。肩を軽くする運動には、肩甲骨回しと言う方法が考えられます。両手を軽く肩の上に乗せ、肘で身体の左右に円を描くイメージで回します。これを数回行うだけで肩が軽くなって来ますので、休憩時間を利用して行うことで肩凝り防止に繋がることになります。しかしどうしても自分では肩のこりが治せないと言う場合には、マッサージ院や整骨院へ行くことも良い方法です。

様々な種類の治療法を組み合わせたオリジナル施術
カイロやオリキュロセラピー、心理学など総合的に組み合わせた治療を行います

自然にお子さんが授かるようにサポート
お身体のことを考えてできるだけ自然妊娠へと導きます

数値の把握で適切なお薬を
漢方薬を飲む前に、検査を受けて適切かどうか判断することが大切です

不妊 カウンセリング

Page Top